足場の仕事内容について

2021/10/01 コラム

足場職人は、高所を軽々と移動する姿から、「現場の華」とも称されています。
そんな建築現場の花形である、足場職人の具体的な仕事内容について見ていきましょう。

▼足場の仕事内容
■現場調査
足場の仕事は、現場を調査するところからはじまります。
建物同士が密集している都心では、前面道路からの後退(セットバック)が不十分なケースも多いため、入念に事前調査をおこなう必要があります。

■足場図面の作成
現場の調査が終わったら、足場を安全かつ計画的に組み立てられるよう足場図面を作成します。

■部材の拾い出し
作成した足場図面をもとに、組み立てに必要な部材を拾い出します。
足場工法には、「くさび式足場」「単管足場」「枠組足場」などがあり、工法ごとに必要な部材が異なります。

■打ち合わせ
お客様と打ち合わせをして、工事日程を決めます。

■材料の運搬
足場の組み立てに必要な材料を現場に運びます。

■作業開始
図面を見ながら、下から順番に足場の組立を開始します。

■解体
作業が終わった後は、上部から順番に足場を解体していきます。

■掃除
周辺をきれいに掃除し終わったら、作業終了です。

▼まとめ
足場職人の仕事は、たんに足場を組み立てるだけではなく、入念な事前調査からはじまり、足場図面の作成といったデスクワークも含まれます。
また、打ち合わせとなればコミュニケーション能力も必要となるので、体力以外にもさまざまなスキルが身につく職種といえます。
足場工事を請け負っている東静機材工業株式会社では、この度、新しい職人を募集しています。
経験は問いませんので、やる気のある方は、ぜひお電話ください。