足場職人へ転職するには

2021/11/09 コラム

職人というと厳しいイメージがある方も多いのではないでしょうか。
今回は、足場職人へ転職を考えている方へ足場職人の実態についてお話しします。

▼足場職人へ転職
他の業種から建設業界へ転職を考えた場合、足場職人がおススメです。
足場職人とは、鳶職人ほど危険な現場というわけでもなく、経験や資格も特に必要の無い職業です。
さらに頑張り次第では高収入も目指せる職業といえます。

▼足場職人とは
足場職人とは、鳶職人ほどではありませんが建設現場での作業となる為、危険度も高いといえます。
つまりしっかりと安全管理が必要です。
経験や資格は必要なくとも、安全性が最も重視される仕事となります。
注意力があまりなかったり、チームワークを乱すような行為をしてしまう方には向かない仕事といえます。

▼建設業界の厳しさは安全性
建設業界は厳しいというイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんな事はありません。
建設業界の厳しさが最も現れるのは、安全面についてです。
慣れない作業で遅れを取ったり、他の従業員に手伝ってもらったりというのはどんな職業でも当たり前ですので、慣れるまではしょうがないでしょう。

しかし安全面においては、命に係わる可能性のある建設現場である為、厳しさも時に必要であるといえます。
逆に言えば、それだけ安全面に配慮された職業であり、コンプライアンスなども徹底された職種であるともいえるのではないでしょうか。
チームワークを乱す方は働きにくいと言いましたが、つまりチームワークを乱すような人はそもそも働いていないと思ってもらって良いでしょう。

▼まとめ
現代の建設業界の厳しさとは、単に昔ながらの職人の厳しさとは違った意味合いになります。
従業員の身の安全を第一に考えられた厳しさである為、変に職人だからと億劫になる必要はありません。
あらゆる面に配慮された仕事環境で働ける職業であり、転職を考えるにはオススメの職業といえるのではないでしょうか。