異業種への転職について

2021/11/21 コラム

転職を考えた際、異業種への転職をされる方も多いものです。
キャリアアップを図った転職なら同業種への転職も良いでしょう。
しかしそこまで専門性のない職業であれば同業種への転職は難しいといえます。
今回は、異業種へ転職する際の注意点やオススメの職業についてお話します。

▼異業種への転職
異業種への転職は、年齢によって難易度も変わってきます。
20代と40代とでは選べる職業の幅も異なるでしょう。
専門性のある職業であればスムーズに転職できるでしょうが、異業種となると年齢とともに急に難易度が高まります。
異業種へ転職を考えた場合は、早めの転職がオススメです。

▼建設業への転職
異業種へ転職するのはリスクもあり、勇気も必要ではないでしょうか。
もちろん年齢や体力も関係し、これまでの経験が活きる職業では無い場合などは特に色んな事を考えてしまいます。
しかし、男性が転職しようとした時、建設関係の仕事を選ぶ方は多いものです。
理由としては給料や再就職のしやすさではないでしょうか。

■給料が高い
建設業は他の業種に比べると給料は高くなりやすいといえます。
もちろん、危険を伴う現場での作業となり、大変な職業ではありますが、しっかりとした会社であれば、仕事に見合った給料を貰うことが可能です。

■再就職しやすい
建設業には様々な種類があり、専門的なものであったり、資格が必要なものもあります。
しかし、資格も必要なく、働きながら覚えられるような仕事も建設業には沢山あります。
建設業は人手不足に悩まされるところも多く、どこを選ぶかは重要ですが、比較的再就職を考えると就職しやすい職場でもあるでしょう。
つまり年齢に関しても大きく影響する事もありません。

▼まとめ
異業種へ転職を考えた場合、出来るだけ若いうちに転職するのがオススメです。
しかし、年齢に限らずやむを得ず退職を余儀なくされる事もあるでしょう。
建設業であれば、給料の面を考えても、経験値などを考慮しても再就職しやすい職業ではないでしょうか。