工事に必要な足場の組み立てはどのように行われるの?

2021/10/25 コラム

身の回りで行われている工事を見ると、建物が足場で囲われていることが多いと思います。
しかし、その足場がどのようにして組み立てられているかを意識したことがある人は、あまりいないのではないでしょうか?
今回は、足場を組み立てる手順についてご紹介します。

▼組み立てる前に
足場の組み立てる前に、足場として使う部材や組み立てに使う道具に不備がないか、どのように設置するか、地盤はどうなっているかなどを確認します。
これらのチェックを行うことで、安全に効率良く足場を設置できます。

▼足場を組み立てる
組み立てる前の準備やチェックなどが終わったら、足場を組み立て始めます。
組み立ては下の一層目から行われ、一層目が終わったら二層目、二層目が終わったら三層目とだんだん上へ組み立てていきます。
また、足場の土台となる一層目は重要な部分なので、より注意しながら組み立てる必要があるでしょう。
ケガや事故が起こらないようにするために、声かけをしながら足場の組み立てを行います。

▼まとめ
今回は、どのようにして工事現場の足場が組み立てられているのかをご紹介しました。
足場の組み立ては事前の準備や一層目が重要なことが分かっていただけたのではないでしょうか?
また、静岡県で仮設工事のお仕事を請け負っている東静機材工業株式会社では、新しい人材を募集しております。
初心者や未経験者も積極的に採用しておりますので、弊社に興味がありましたら電話やホームページからご連絡ください。